アロベビー ミルクローション

乳児湿疹で処方されたプロペトはワセリン?効果と特徴

投稿日:

赤ちゃんの肌トラブルが気になり小児科や皮膚科を受診すると、だいたいが乳児湿疹と診断されます。

そこで処方されるのがプロペトですが、このプロペトがどういう薬なのか気になりますよね。

普通のワセリンとの違いについてもご紹介します!

関連記事 >> 「乳児湿疹は小児科で診てもらう必要がある?

 

プロペトの効果と特徴

乳児湿疹に対しての保湿剤として処方されるプロペトですが、その効果と特徴を簡単に説明します。

まずプロペトの特徴は、粘り気の強い塗り薬で伸びが悪くベタベタします。

塗った部位がテカテカ光ることからわかるように、油分を多く含んだ油脂性の薬剤です。

正直な気持ちを言えば、塗りにくいし扱いにくいと感じてしまいますよね。

しかし、プロペトはそのベタベタ感からわかるように、ものすごい保湿力を持っています。

肌に潤いを与えるローション系とは違い、油脂性なので水を通さず、肌に蓋をすることで肌の水分を逃がしません。

また、外からの刺激もシャットアウトしてくれるので、強力なバリアの役目を果たしてくれます。

 

乳児湿疹にプロペトは有効?

高い保湿力で肌を守ってくれるプロペトは乳児湿疹に効果があります。

肌のバリア機能が未熟な赤ちゃんにとってプロペトが最強のバリアになってくれるということです。

しかし、少し扱いが難しいプロペトなので、赤ちゃんのお世話をしながらこまめに塗るのはお世話する方の負担になってしまうかもしれません。

手のひらで塗ると油脂性のプロペトは水では簡単に洗い流せません。

伸びが悪くベタつくので、塗るのも時間がかかります。

プロペトを塗る際には、使い捨ての手袋を使う、素手の場合は食器洗い洗剤の方が手洗い時に落ちやすいなど、工夫をして上手に付き合うと少しは負担が軽減できますよ。

それでも塗るのが辛く感じてしまう場合は、塗りやすい別の保湿剤にできないか医師に相談するのも良いです。

無理してプロペトを続けて塗りむらや塗る頻度が落ちてしまうより、無理なくしっかり保湿できる方法の方が乳児湿疹に効果が出る場合があるので、ひとりで悩まずに相談してみてくださいね。

 

プロペトとワセリンの違い

白色ワセリンと呼ばれることがあるプロペトですが、厳密に言えば違いがあります。

一般的にワセリンと呼ばれるのが黄色ワセリンですね。

黄色ワセリンの色を抜いて白にしたのが白色ワセリンです。

そして、白色ワセリンとプロペトは純度が違います。

白色ワセリンを精製し不純物をより取り除いたのがプロペトです。

つまり、一般的なワセリンより不純物が少なく赤ちゃんにも安心して使えるのがプロペトということになります。

基本的な機能や効果はほとんどワセリンと変わらないので、プロペトはより安全性を高めたワセリンという理解で問題ありません。

 

プロペトの効果的な使い方

乳児湿疹に対しての保湿剤の役割としては、通常の保湿剤と同じ使い方で問題ありません。

身体を拭いた後や、沐浴、入浴後に塗るようにしましょう。

また、ステロイドなど他の軟膏を塗る必要がある場合は、ステロイドが必要のない部位に広がらないように、塗る面積が広い方から先に塗ります。

ただし、湿疹の状況などで塗り方の指示が出る場合があるので、少しでも不安があれば医師か薬剤師に相談してくださいね。

どうしてもベタつきが気になるという場合には、洋服で隠れる部分はプロペトを使い、顔や腕など触れる機会が多い部分は塗りやすいローションなどを塗るという方法もあります。

効果の持続時間が短いローションタイプでも、顔や腕など服から出ている部分であれば塗る頻度が高くなっても塗りやすいので、お世話がしやすい方法を探してみてくださいね。

ベタつきが気になる、もっとサラサラとした塗り心地の軽いものがいい!という場合はベビーローションの使用をおすすめします。

関連記事 >> 「アロベビー ミルクローションで乳児湿疹に使える?1週間試した驚きの結果

 

プロペトの副作用

プロペトは安定性が高く、特に副作用の少ない薬と言われています。

刺激となる成分もごく少量なので、市販の保湿ローションが肌に合わない場合でも、プロペトなら大丈夫ということがあるほどです。

プロペトが処方される際に記載されている副作用は「接触性皮膚炎」で、これはプロペトの成分が肌にとって刺激になってしまう場合です。

刺激性がかなり少ないのがプロペトの特徴なので、これも希なケースだと言えます。

また、プロペトは油脂性の成分なので、ベタベタが合わない、水を通さないほどのブロック効果が肌に合わないなどはあるかもしれません。

用法・用量を守っても改善が見られない、または悪化するという場合は、早めに医師に相談するようにしましょう。

肌が弱くて敏感肌な赤ちゃんにもおすすめのローション

初めての我が子にできた乳児湿疹に悩んだ管理人が、実際に試して効果を実感できたベビーローションのみご紹介します。

こんなにひどかった乳児湿疹も…

市販のベビーローションから成分にこだわったベビーローションに変え、毎日のスキンケアをコツコツつ続けたおかげでここまできれいになりました!

ベビラボママ
写真に残すのがかわいそうなくらいの乳児湿疹ですが、もちもちツルツル肌を手に入れた今は写真を撮るのがとても楽しいです

 保湿力塗りやすさコスパ香り
アロベビーミルクローションラベンダー&ローズ
ファムズベビー○無香料
ぬくもりミルクローションカモミール

アロベビー ミルクローション

ミルクローション

こんな方にオススメ

  • ステロイドはなるべく使用したくない方
  • 乳児湿疹になりやすい赤ちゃん
  • 1日に何度も塗り直しをしたくない方
  • オーガニック・無添加で肌に優しい製品を使用したい方

世界基準・エコサート認証を取得した正真正銘のオーガニック製品なので、赤ちゃんにも安心・安全。

楽天・Amazonで第一位、ペアレンティングアワードの受賞、 数々の雑誌でも紹介されている人気のベビーローションです。

価格980円(税抜) ※単品購入の場合は2,300円(税抜)
容量150ml

【母子手帳副読本に掲載!】ファムズベビー

ファムズベビー

こんな方にオススメ

  • カサカサの乾燥性乳児湿疹になりやすい赤ちゃん
  • オムツかぶれが特にひどい赤ちゃん
  • 手荒れがひどいお母さん
  • 特に汗っかきな赤ちゃん

東京大学と共同で開発された実力派のスキンケアローション。

全国の自治体から妊婦さんに配布される妊娠出産子育ての本に掲載されました。

ムース状の優しい泡で赤ちゃんの肌を保護します。

価格85g
容量2,400円(税抜)

ぬくもりミルクローション

こんな方にオススメ

  • 伸びのいいテクスチャのローションがいい
  • カモミールの香りで癒されたい方
  • パパやママが乾燥肌
  • 保湿成分だけでなく肌を整える成分が欲しい

 

爽やかなカモミールの香りが特徴的なぬくもりミルクローション。 高い保湿力がが特徴的で、天然由来99%、無添加で新生児から使える安心・安全のミルクローションです。

価格2,980円(税抜) ※単品購入の場合は3,980円(税抜)
容量150ml
  • この記事を書いた人

ベビラボママ

Webデザイナーをしながら育児に奮闘する一児のママです。好きなものはコーヒーと読書。授乳中はデカフェのコーヒーでしのぎました。

-アロベビー ミルクローション

Copyright© ベビラボ , 2018 All Rights Reserved.