アロベビーミルクローションは安心のオーガニック製品

アロベビー ミルクローション

オーガニック製品のアロベビーは乳児湿疹に効く?

更新日:

愛する我が子のためにはできるだけ安全・安心の製品を使ってあげたいですよね。

そこで気になるのがオーガニック製品として販売されているアロベビーミルクローション。

オーガニックや無添加など安全なものがいいなと思いつつ、オーガニックってそもそもなんなの?と疑問に思ったことはありませんか?

オーガニックであれば本当に安全に使用できるの?
アロベビーはオーガニック製品だから、乳児湿疹になっている赤ちゃんでも使用できるの?

実は日本でのオーガニックの基準は曖昧で、ちょっとでもオーガニックの原料が入っていればオーガニック製品を名乗れてしまうんです。

ベビラボママ
オーガニックと銘打って販売すれば売れやすいので、本当はオーガニックと言えない製品でもオーガニック製品として販売されているのが現実です…

そこでアロベビーミルクローションが他の製品と違うのは、世界基準であるエコサートに認定された正真正銘のオーガニック製品であるところ。

エコサートと言われてもよくわかりませんよね。

ということで、アロベビーがいかに優れたオーガニック製品であるかを解説します!

オーガニックとは?

オーガニックとは無農薬・化学肥料を使わない有機栽培のことを意味します。

つまり、オーガニックのスキンケア商品は、そういった有機栽培で育てられた自然由来の成分を配合したスキンケア商品であると言えます。

オーガニック製品であれば肌に有害な石油系の成分が入っていないので安心ですよね。

石油系の成分がなぜ悪いの?
石油系の成分は安価で腐らないため、多くの化粧品で使われるようになりました。
しかし、石油系の合成界面活性剤(肌になじませやすくする成分)を使用すると、肌のバリア機能を破壊し、乾燥肌など肌トラブルを引き起こしてしまいます。

ですが、実はオーガニックの定義って日本では曖昧なんです…

それこそ、化学物質が大量に入っていても、1つでもオーガニックの植物原料が入っていれば「オーガニック」を名乗れてしまうのです…

それに対し、海外は日本よりオーガニックに厳格な基準があります。

代表的なのが、フランスではエコサート、ドイツではBDIH(コントロールドナチュラル・コスメティック)、オーストラリアではACO(オーストラリア認定オーガニック)など。

厳しい基準と、それを判定する認定団体があり、条件を満たしていないと「オーガニック」を名乗れません。

この基準を満たすことはとても大変であるため、「オーガニック」を名乗ることが保証されているのですね。

アロベビー ミルクローションはその「エコサート」に認定された正真正銘のオーガニック商品

ということで、日本で「オーガニック」とうたっている商品の全てが安心・安全とは言えないのですが、その点アロベビーの商品は安心です。

なぜなら、アロベビーの商品は、オーガニック認定団体の世界基準であるフランスのエコサートの認証を取得している正真正銘のオーガニック製品だからです。

エコサートの基準は複数ありますが、一部を掲載するとこんな感じ。

  • 完成品の95%以上が天然由来原料であること
  • 植物原料の95%以上がオーガニック原料であること
  • 合成香料は使用しないこと

エコサートは認証取得後も毎年再検査が必要なんですよ。アロベビーの企業努力を感じますね^^

アロベビー ミルクローションは徹底的に品質にこだわっています

石油系合成界面活性剤だけでなく、素材についてもできるだけ赤ちゃんの肌に優しい成分を選んでいるアロベビー ミルクローション。

  • 99%以上天然由来
  • 無添加・無香料・無着色
  • 安心&安全の純国産

開発から生産まで全て国内で行っており、商品の開発段階ではたくさんのママに試作品を何度も試してもらっているそうです。

アロベビーの成分は安全なの?

アロベビーミルクローションの成分はこちら。

オレンジ果実水やオリーブ油、シア脂など天然成分が配合されていることがわかりますね。

水、グリセリン、オレンジ果実水*、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、オリーブ油*、シア脂*、ヒドロキシステアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル、ホホバ種子油*、ツボクサエキス、イタドリ根エキス、オウゴンエキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー油*、ローズマリー油*、ラベンダー花水*、カニナバラ果実エキス*、タチジャコウソウ花/葉エキス*、ラベンダー花エキス*、キサンタンガム、トコフェロール、ヒマワリ種子油、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、ヒドロキシステアリルグルコシド、ステアロイル乳酸Na、BG、ベンジルアルコール、デヒドロ酢酸
*印はオーガニック栽培原料

まとめ

日本では基準が曖昧なため、簡単にオーガニック製品として商品を販売することができます。

そこでアロベビーミルクローションが他の製品と違うのは、厳しい基準を儲けているエコサートの認定商品であるということ。

赤ちゃんの肌にとって刺激となるようなものは入っていないため、乳児湿疹など肌トラブルのある赤ちゃんでも安心して使用することができるのです。

ベビラボママ
赤ちゃんの丈夫な肌を作るには産後すぐからの毎日のケアが重要です。不要なものが入っていないアロベビーミルクローションであれば、赤ちゃんの肌にも安心して使用できます。

赤ちゃんによって合う・合わないはあると思いますが、アロベビーは返金保証も用意されているので、まずは一度試してみることをオススメします!

【買う前に注意】アロベビーの返金保証は?全額返金してもらう方法

アロベビーミルクローションは乳児湿疹で悩んでいる肌の弱い子でも使えるらしいし、口コミや評判がすごく良い。 その上で気になるのが「返金保証」。 もし肌に合わなかったら返品できる? 買ってから数日経つけど …

続きを見る

肌が弱くて敏感肌な赤ちゃんにもおすすめのローション

アロベビー ミルクローション

  • 99%以上天然由来
  • 無添加・無香料・無着色
  • 安心&安全の純国産

世界基準・エコサート認証を取得した正真正銘のオーガニック製品なので、赤ちゃんにも安心・安全。
楽天・Amazonで第一位、ペアレンティングアワードの受賞、 数々の雑誌でも紹介されている人気のベビーローションです。

オーガニック製品特有の香りがしますので、ハーブなどの香りが苦手な方にはオススメしません。

ですが、その他にマイナスポイントはないので、ランキング1位としました。

【母子手帳副読本に掲載!】ファムズベビー

東京大学と共同で開発された実力派のスキンケアローション。

全国の自治体から妊婦さんに配布される妊娠出産子育ての本に掲載されました。

ムース状の優しい泡で赤ちゃんの肌を保護します。

カレンドラ ベビーミルクローション

WELEDA(ヴェレダ)は1921年から続く、スイス生まれのオーガニックブランドです。

カレンドラ ベビーミルクローションはお顔から全身の保湿に使えます。

生まれたての赤ちゃんや、敏感肌の大人まで幅広くご使用いただけます。

軽くさっと使用できるので、オイルよりもライトな保湿がしたい方にオススメです。

  • この記事を書いた人

ベビラボママ

Webデザイナーをしながら育児に奮闘する一児のママです。好きなものはコーヒーと読書。授乳中はデカフェのコーヒーでしのぎました。

-アロベビー ミルクローション

Copyright© ベビラボ , 2018 All Rights Reserved.