乳児湿疹 症状

乳児湿疹はいつまで続くの?症状のピークの時期って?

更新日:

産後、自身の体もヘトヘトな中赤ちゃんのお世話に奮闘するママを悩ませる乳児湿疹。

我が子の肌にできたポツポツをみて、不安にかられる方も多いのではないでしょうか。

乳児湿疹っていつ頃から出始めるの?
乳児湿疹って自然に治るもの?アレルギーと関係があるって聞いたんだけど…

乳児湿疹はいつ頃から症状が出始めるのか、またピークなどについても詳しく解説いたします!

 

乳児湿疹はいつから出始める?

赤ちゃんの肌はすべすべで柔らかいというイメージが強いですが、早い子だと生後1週間過ぎから赤いポツポツが出始めます。

最初は数えるぐらいだったポツポツが、しばらくすると頬全体に湿疹が広がったのを見て焦るママも少なくありません。

乳児湿疹とは赤ちゃんの肌にできる湿疹の総称で、症状は様々です。

ブツブツでもジュクジュクでもカサカサでも、赤ちゃんの肌にできた湿疹は全て乳児湿疹というのですから、初めて知ったお母さんはちょっと驚きますよね。

うちの子も生まれて数週間で乳児湿疹ができるようになりました。

詳しくはこちらでご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

話題のアロベビーミルクローションの効果は?
【画像あり】アロベビー ミルクローションで乳児湿疹は治る?

市販のベビーローションからアロベビーミルクローションに変えたら、娘の肌がもちもちツルツル肌になりました! Before After ネットや雑誌などで目にすることが多いアロベビーミルクローション。 私 …

続きを見る

 

乳児湿疹のピークはいつ?

乳児湿疹のピークはいつ頃かというと、ちょうど生後1か月の頃と言われています

多くの赤ちゃんが経験するのが乳児湿疹。

生後3か月頃までは、赤ちゃんは皮脂の分泌量が非常に盛んで、毛穴が詰まりやすく、肌表面に皮脂がたまって湿疹がでやすいのです。

この頃にはお産をした病院で、ちょうど一か月健診もあるので、症状が気になるようであれば医師や助産師に相談すると安心ですね。

 

乳児湿疹は自然に治る?

乳児湿疹は症状が軽度のうちに正しいケアをすれば、だいたい1ヶ月前後できれいな肌になっていきます

長くても生後3か月くらいには少しずつ落ち着き始めますが、生活環境や赤ちゃんの体質によっては長引くケースもあるので皮膚を清潔に保ちながら地道なケアが必要になります。

そのうち治るからと荒れた肌をそのままにしておくと、アレルギーになりやすくなりますので、毎日の洗浄・保湿が重要です。

乳児湿疹など肌が荒れているとアレルギーになりやすい?

乳児湿疹をほとんどの赤ちゃんが経験するもので、それほど大きな問題ではないといわれます。 ですが一方で、赤ちゃんの肌の湿疹や炎症を治療せずに放置したままでいると、アレルギーになりやすいという話もあります …

続きを見る

生後すぐから乳児湿疹が出始め、3か月が過ぎても良くなったり悪くなったりを繰り返しているようであれば、皮膚が乾燥したことで起こる別のタイプの乳児湿疹になった可能性もあります。

赤ちゃんによっては、1歳前後まで症状をぶり返し続けることもあるので、いったん治ったからと言って気は抜けません。

長引く場合は、皮膚科や小児科を受診して塗り薬を処方してもらい、清潔&保湿をしながら皮膚が強くなるまで気長に付き合い続けることが大切です。

乳児湿疹ってお医者さんに診てもらうべき…?
乳児湿疹は小児科で診てもらう必要がある?

助産師さんから毎日の洗顔と保湿だけ気をつけていればいいとのアドバイスに従って過ごしていたある日、乳児湿疹を放っておくとそのままアレルギーになってしまう、そんな話を義理の姉から聞きました。 義理の姉もこ …

続きを見る

 

まとめ

乳児湿疹は早い子で生後1週間程度で症状が出始め、ピークは生後3ヶ月頃と言われています。

軽度の乳児湿疹であれば、正しいケアを毎日コツコツと続けることで自然に引いていきますが、症状がひどい場合や長引く場合は専門の医師に見てもらった方がいいですね。

ベビラボママ
初めて育児をするママであれば、不安な気持ちをなくすために早めにお医者さんに連れて行くことをオススメします

アレルギーの原因となってしまうこともあるので、肌が荒れた状態にすることは望ましくないので、なるべく早く治してあげるようにしてあげてくださいね!

肌が弱くて敏感肌な赤ちゃんにもおすすめのローション

初めての我が子にできた乳児湿疹に悩んだ管理人が、実際に試して効果を実感できたベビーローションのみご紹介します。

こんなにひどかった乳児湿疹も…

市販のベビーローションから成分にこだわったベビーローションに変え、毎日のスキンケアをコツコツつ続けたおかげでここまできれいになりました!

ベビラボママ
写真に残すのがかわいそうなくらいの乳児湿疹ですが、もちもちツルツル肌を手に入れた今は写真を撮るのがとても楽しいです

  保湿力 塗りやすさ コスパ 香り
アロベビーミルクローション ラベンダー&ローズ
ファムズベビー ○ 無香料
ぬくもりミルクローション カモミール

アロベビー ミルクローション

ミルクローション
  • 99%以上天然由来
  • 無添加・無香料・無着色
  • 安心&安全の純国産

世界基準・エコサート認証を取得した正真正銘のオーガニック製品なので、赤ちゃんにも安心・安全。

楽天・Amazonで第一位、ペアレンティングアワードの受賞、 数々の雑誌でも紹介されている人気のベビーローションです。

価格 980円(税抜) ※単品購入の場合は2,300円(税抜)
容量 150ml
原材料 水、グリセリン、オレンジ果実水*、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、オリーブ果実油*、シア脂*、ヒドロキシステアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル、ホホバ種子油*、ツボクサエキス、イタドリ根エキス、オウゴンエキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー油*、ローズマリー油*、ラベンダー花水*、カニナバラ果実エキス*、タチジャコウソウ花/葉エキス*、ラベンダー花エキス*、キサンタンガム、トコフェロール、ヒマワリ種子油、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、ヒドロキシステアリルグルコシド、ステアロイル乳酸Na、BG、ベンジルアルコール、デヒドロ酢酸(*印はオーガニック栽培原料)

【母子手帳副読本に掲載!】ファムズベビー

ファムズベビー

東京大学と共同で開発された実力派のスキンケアローション。

全国の自治体から妊婦さんに配布される妊娠出産子育ての本に掲載されました。

ムース状の優しい泡で赤ちゃんの肌を保護します。

価格 85g
容量 2,400円(税抜)
原材料 水、LPG、ステアリン酸、ジメチコン、グリセリン、PVP、TEA、セタノール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)、 グリセリル、ラウレス-2、ラウレス-21、酢酸トコフェロール、フェノキシエタノール
※合成着色料・シリコン・鉱物油・紫外線吸収剤・硫酸系化合物(サルフェートフリー)・パラベン・フェノキシエタノール・エタノール・防腐剤・DPG・PG・タルク・合成酸化防止剤・パラフィン・コカミドDEAが無添加

ぬくもりミルクローション

爽やかなカモミールの香りが特徴的なぬくもりミルクローション。

高い保湿力がが特徴的で、天然由来99%、無添加で新生児から使える安心・安全のミルクローションです。

価格 2,980円(税抜) ※単品購入の場合は3,980円(税抜)
容量 150ml
原材料 水、グリセリン、コメヌカ油、スクワラン、セラミドAP、セラミドNP、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ダイズタンパク、葉酸、ビオチン、BG、ツボクサエキス、ベタイン、イタドリ根エキス、オウゴン根エキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、モモ葉エキス、テトラオレイン酸ソルベス-30、ステアリン酸グリセリル、カプリル酸グリセリル、セテアリルアルコール、ステアロイルラクチレートNa、ヒドロキシエチルセルロース、カルボマー、水酸化K、PEG-60水添ヒマシ油、香料
※合成着色料・シリコン・鉱物油・紫外線吸収剤・硫酸系化合物(サルフェートフリー)・パラベン・フェノキシエタノール・エタノール・防腐剤・DPG・PG・タルク・合成酸化防止剤・パラフィン・コカミドDEAが無添加
  • この記事を書いた人

ベビラボママ

Webデザイナーをしながら育児に奮闘する一児のママです。好きなものはコーヒーと読書。授乳中はデカフェのコーヒーでしのぎました。

-乳児湿疹, 症状

Copyright© ベビラボ , 2018 All Rights Reserved.