アトピー性皮膚炎 症状

【赤ちゃんがかゆそう…】アトピー性皮膚炎ってどんな病気?

更新日:

赤ちゃんの顔にポツポツとしたニキビのようなものができた!
なんだか皮膚がガサガサして赤くなっているけど、これって湿疹?アトピー?

赤ちゃんの肌は薄くて敏感であるため、肌トラブルはよくある事。とは言っても我が子のこととなるとどうしても気になってしまいますよね。

また、乳児湿疹はすぐに治ると言われていますが、アトピーの場合はどうなんでしょうか?

アトピー性皮膚炎とは?

特定の食べ物やほこり、ダニなどのアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)が体内に入り込むことによってアレルギー反応により、湿疹や炎症を引き起こします。これがアトピー性皮膚炎です。
また、皮膚のバリア機能が低下することによっても引き起こされます

ニキビのような見た目の新生児にきびや脂漏生皮膚炎などは、生後4〜5ヶ月頃には軽快していきます。それ以降も湿疹や炎症が治らない場合、アトピーの可能性があります。

アトピーは、顔や頭にじゅくじゅくして赤い湿疹が出ることから始まります。
その後、だんだんと体の下に降りてきて首やお腹の周り、背中にも広がります。耳の付け根が切れてしまうのも赤ちゃん時代のアトピーの特徴です。

乳児湿疹と症状が似ているため最初わ病院に連れていっても炎症を抑える薬を処方され様子を見るだけではあるのですが、アトピーであるかどうかは以下の靴の件で判断されます。

  • 治ったり再発を繰り返しているか(赤ちゃんの場合2ヶ月以上)
  • 強いかゆみを伴っているか
  • アレルギーが影響しているか
  • 湿疹のでき方に特徴があるか(顔だけでなく、体中に出ているか)

アトピー性皮膚炎は親からの遺伝?

アトピー性皮膚炎になる原因は様々です。その一つに親からの遺伝があります。

必ずというわけではありませんが、両親、兄弟、祖父母など、血縁者にアレルギーの病気がある場合、赤ちゃんがアトピーになる可能性は高くなります。

関連記事 >> 「【経験談】親のアトピーが子供に遺伝。アロベビーで保湿をして改善

 

アトピー性皮膚炎の治療方法は?

アトピー性皮膚炎の治療で大切なのは、失われてしまった肌のバリア機能を回復させることです。

そのために赤ちゃん自身に引っかかせないことが大切ですが、痒いのにかかせなくするのは難しいです。
なので、赤ちゃんばかかないように、かゆみを抑える必要があります。

そのためいろいろ外用薬を段階的に使っていきます。
アトピーを治すには時間がかかります。また、良くなったり悪くなったりをくりかえします。悲観せず時間をかけて治療していく病気だということを知りましょう

 

ステロイドって赤ちゃんに使っても大丈夫なの?

医師に診てもらうとステロイドが処方されることがあります。
すると、いろいろ怖いと思い込んで勝手に両控えたり、よくなったからと思い込んで途中でやめてしまったりすると、いつまでたってもバリア機能が回復されません。
勝手に使用を控えてしまうと、処方した薬で医師が期待した効果が得られていないと判断し、さらに強い薬を処方されてしまう場合があります。
処方された薬は必ず医師の指示に従って正しく使いましょう。

医師から処方されるステロイドは、赤ちゃんの皮膚に使用できるよう作用が弱いものが選ばれています。
間違っても大人が使用するステロイド剤を赤ちゃんに使用することはやめてください。

また、陰部や粘膜に使用するには望ましくない場合もあるので、どこに塗っていい薬であるかを処方された時に確認するようにしましょう。

 

ステロイドを使ってしまったら、一生使い続けれなければならなくなる?

湿疹や炎症がある場合にステロイドはなくてはならない薬です。

上手に使用すれば短期間で保湿薬など他の薬に切り替えたり、薬の使用がいらない状態までに持っていくことも可能です。

ステロイドを使用するのが嫌だからと作用の弱い薬で抑えようとすると治療が長期化し、そのために皮膚の状態が変わり、かえって治りにくくなってしまうことがあります。

医師の指示に従い、ステロイドは正しく使用し、できるだけ短期間で皮膚を健康な状態に持っていくことが望ましいです。

 

アトピー性皮膚炎はアレルギーが関係している?

アトピー性皮膚炎が食物アレルギー起こるというケースはそれほど多くありません。

食べ物が原因でとアトピーになっているかどうかは検査で医師が判断します。

心配なのは食物アレルギーがアトピー性皮膚炎の原因になるという点ではなく、アトピー性皮膚炎が食物アレルギーの原因になる場合があるということです。

バリア機能の低下した皮膚にアレルゲンが侵入して、アレルギーの発症の原因となってしまうことがあるのです。

なので肌に炎症やかゆみが見られた場合は自然に治るからと放置するのではなく、適切に使用することが大切です。

 

アレルギーって何?

私たちの体には異物を外に出そうという「免疫」と呼ばれる機能が備わっています。
ですが時に、この免疫が過剰に働き、身の回りにあって害のないはずの物にまで反応してしまい、逆に体に害を及ぼしてしまうことがあります。
それがアレルギー
です。

アレルギーは「IgE抗体」というタンパク質が作られることによって引き起こされます。
健康な人は極めて少量しか持たない「IgE抗体」ですが、アレルギー体質の人からはこの「IgE抗体」が多い傾向があります。

アトピー性皮膚炎もアレルギー反応の一つなので、血液検査でその「IgE抗体」の数値を調べ、診断の参考にされます。

 

家庭でできるケア方法は?

医師から処方された薬のほかに家庭で出来る事は肌を清潔に保つことと保湿、この2点です。

お風呂では汚れをしっかり落としてあげ、水分をよろしく引き取ってください。この時に強くこすらないように気をつけてください。

また、湿疹や炎症を悪化させないようにと石鹸の使用を控える必要はありません。
汚れや汗などはアトピーを悪化させる引き金になります。
赤ちゃん用のできるだけ低刺激の石鹸で、汚れを洗い落とすことが必要です。石鹸は肌に残らないよう、十分によくすすぎます。

お風呂上がりに薬を塗ると吸収率がよく薬がよく効きます。1日に1回塗布する場合は風呂上がり、2回塗布する場合はお風呂上がりと朝に塗布すると良いです。

その後は必ず保湿剤を塗り、肌の水分が良好に保たれるようにしましょう。

肌が弱くて敏感肌な赤ちゃんにもおすすめのローション

初めての我が子にできた乳児湿疹に悩んだ管理人が、実際に試して効果を実感できたベビーローションのみご紹介します。

こんなにひどかった乳児湿疹も…

市販のベビーローションから成分にこだわったベビーローションに変え、毎日のスキンケアをコツコツつ続けたおかげでここまできれいになりました!

ベビラボママ
写真に残すのがかわいそうなくらいの乳児湿疹ですが、もちもちツルツル肌を手に入れた今は写真を撮るのがとても楽しいです

 保湿力塗りやすさコスパ香り
アロベビーミルクローションラベンダー&ローズ
ファムズベビー○無香料
ぬくもりミルクローションカモミール

アロベビー ミルクローション

ミルクローション

こんな方にオススメ

  • ステロイドはなるべく使用したくない方
  • 乳児湿疹になりやすい赤ちゃん
  • 1日に何度も塗り直しをしたくない方
  • オーガニック・無添加で肌に優しい製品を使用したい方

世界基準・エコサート認証を取得した正真正銘のオーガニック製品なので、赤ちゃんにも安心・安全。

楽天・Amazonで第一位、ペアレンティングアワードの受賞、 数々の雑誌でも紹介されている人気のベビーローションです。

価格980円(税抜) ※単品購入の場合は2,300円(税抜)
容量150ml

【母子手帳副読本に掲載!】ファムズベビー

ファムズベビー

こんな方にオススメ

  • カサカサの乾燥性乳児湿疹になりやすい赤ちゃん
  • オムツかぶれが特にひどい赤ちゃん
  • 手荒れがひどいお母さん
  • 特に汗っかきな赤ちゃん

東京大学と共同で開発された実力派のスキンケアローション。

全国の自治体から妊婦さんに配布される妊娠出産子育ての本に掲載されました。

ムース状の優しい泡で赤ちゃんの肌を保護します。

価格85g
容量2,400円(税抜)

ぬくもりミルクローション

こんな方にオススメ

  • 伸びのいいテクスチャのローションがいい
  • カモミールの香りで癒されたい方
  • パパやママが乾燥肌
  • 保湿成分だけでなく肌を整える成分が欲しい

 

爽やかなカモミールの香りが特徴的なぬくもりミルクローション。 高い保湿力がが特徴的で、天然由来99%、無添加で新生児から使える安心・安全のミルクローションです。

価格2,980円(税抜) ※単品購入の場合は3,980円(税抜)
容量150ml
  • この記事を書いた人

ベビラボママ

Webデザイナーをしながら育児に奮闘する一児のママです。好きなものはコーヒーと読書。授乳中はデカフェのコーヒーでしのぎました。

-アトピー性皮膚炎, 症状

Copyright© ベビラボ , 2018 All Rights Reserved.